×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬の皮膚病は、原因を特定してその要素さえ取り除けば、症状が軽減したり発症そのものを防ぐ事ができます。

犬は、人間が問題の無い程度のホコリ、カビ、花粉なども、犬の皮膚には過敏に痒みやアレルギー反応が起こる場合があります。
全身を被毛で覆われている犬の皮膚は大変薄く、人間の皮膚と比べると1/3~1/5程度の厚さしかありません。
そのため、外部からの刺激を受けやすく、皮膚トラブルが起こりやすくデリケートなのです。




犬の皮膚病、痒みのケアに

安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト
安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト


犬の皮膚について

 

皮膚は何層もの細胞が積み重なってできています。

 

この皮膚は、紫外線、気温の変化、細菌、ウイルス、化学物質など、様々な外部からの刺激を防御する役割があります。

 

人間は、体のほとんどが毛で覆われていないために、外部からの刺激を防御するために、皮膚の厚さが約2mmほどに発達しています。

 

しかし、犬は全身を毛で覆われているため、皮膚の厚さは人間の1/3~1/5程度しかありません。

 

人間でも、冬になると皮膚が乾燥したり、夏になると皮脂や汗で痒みや炎症などの皮膚トラブルが起こる事がありますが、人間以上に薄い皮膚を持つ犬は、皮膚への刺激に対して影響を受けやすいため、人間以上に皮膚トラブルが生じやすいものです。

 

人間にも犬にも、皮膚の表面には数種類の常在菌が常に存在しています。

 

この常在菌は古くなった角質(ケラチン)、皮脂、汗に含まれる栄養分などを餌にして繁殖しています。

 

この常在菌は、外部からの病原菌を退治するなど、外部からの刺激から守ってくれる働きもありますが、皮脂が増えすぎたり免疫力が低下する事で異常に繁殖して、皮膚に炎症を起こす場合があります。

 

また、常在菌が増えすぎるとノミやダニがそれらを餌にして寄生しやすくなります。

 

私達人間も、約98%の人が皮膚や毛穴に顔ダニが寄生していると言われています。

 

人間も、疲れが溜まったりストレスを抱えていると、肌が荒れたり吹き出物ができませんか。

 

犬の皮膚は人間異常に繊細ですので、このような皮膚トラブルが起こりやすいのです。

 

若い時は問題がなくても、加齢とともに免疫力は徐々に低下していきます。

 

皮膚の痒みが持続する事は、犬にとっては非常に大きなストレスです。

 

大切な愛犬に皮膚トラブルが起きないように、皮膚や被毛のお手入れは定期的におこない、ベッドやマットはいつも清潔に保つようにしてあげましょう。

 

光の力で驚きの効果!安心安全な抗菌・除菌・消臭ミスト

犬がアレルギーを起こす原因物質は無数にあります。
ホコリ、花粉、胞子、細菌、ウイルスといった空気中に浮遊しているものから、口に入れる食べ物、体に触れる植物や化学繊維など、様々です。
アレルギーを起こす原因物質の全てを特定する事はとても根気のいる事ですが、それらの全てを遠ざけない限り、症状は緩和されません。
そのためには、少しずつ良い状態を目指して、愛犬の生活環境を改善してあげる事から始めてみてはいかがでしょうか。